暮らし

古い着物を高く売るコツ

着物は高価なものですから、新しい着物を購入する前に古い着物を売りに出したいという方も多いでしょう。とはいえ着物は普段から頻繁に買い替えをおこなう物でもないことから、売るためのコツが分からないものではないでしょうか。

査定によっては購入価格よりも高くなる場合もあるため、きちんと知識をつけたうえで売ることが大切になります。どんなポイントに気を付けて売ればよいのかを解説しますので参考にしてみましょう。

1.イベント・行事のときに売る

着物は自宅での保管が長引けば長引くほど買取金額は下がります。ですから例えば以下のようなイベントや行事が終わり、使わなくなったらすぐに売ってしまうというのが高く売るための一つのポイントになります。

  • 七五三
  • お宮参り
  • 入学式
  • 卒業式

またこのようなイベントシーズンの前には必然的に着物需要は高まりますから、需要が高まっている間に売ってしまうのがコツです。若者向けの着物ですと特に流行に左右されやすいため需要があるうちに手放しましょう。

2.証紙や落款を用意しておく

有名な産地であったり正絹を使用している着物は、人気が高く価値がある着物と言えます。そのような着物の場合には証紙や落款と呼ばれる、いわゆる証明書のようなものが着物を購入する際に付けられます。

つまり証紙や落款がある着物ですと必然的に希少価値がある着物という証明になりますので、証紙や落款をきちんと用意しておくことが査定アップに繋がります。また同様に着物を購入する際にはきちんと取っておきましょう。

3.着物の種類をチェックする

着物と一言でいっても例えば以下のような種類があり、種類ごとに人気が違うことから買取価格にも影響してきます。ですから買い替えを検討しているのであれば、どんな着物が人気なのかを知っておくとよいでしょう。

  • 振袖
  • 留袖
  • 訪問着
  • 小紋

上記のような着物の中でもさまざまなオケージョンで活躍できる訪問着は人気が高く、ゆえに買取金額においても高めの査定がつきやすい傾向にあります。また中古需要の高い振袖も、高値での買取が期待できる着物です。

4.着物買取専門業者に査定依頼する

着物を売る方法としてはフリマアプリを用いて個人取引をしたり、リサイクルショップに売却するなどいくつかの方法があります。それぞれの方法において一長一短がありますので、それを踏まえたうえで選択するのがよいでしょう。

とはいえ着物を売る際にはまずは買取専門の業者で査定してもらい、見積を把握することをおすすめします。きちんと着物の知識があるプロに状態を見てもらうのは、安く売らずに済むポイントになるからです。

特にこれまでの取引実績が充分な買取業者であれば、着物を大切に扱ってもらえますし要望に関しても聞き入れてくれることが多いです。信頼のおける買取業者に頼むのは安心して着物を売るためのコツにもなるでしょう。

着物を買い替えるなら需要が高い”今”がおすすめ

着物の買い替えをするなら少しでも需要が高そうなうちに売ってしまうのがマストです。実際流行ものの着物ですとシーズン中であれば高い値段がつくことも多いため、売る時期を逃さないことが重要です。

また着物は自宅保管の期間が長いとその分査定金額が下がりがちです。ですから変に売る期間を置くよりも、手放したいと感じたまさに今売ってしまうというのも、査定金額をアップさせるための一つの方法でしょう。

-暮らし

© 2021 Cupee Powered by AFFINGER5