健康

バーリーマックスで美味しく健康管理に励もう

バーリーマックスはオーストラリア政府により開発された大麦の品種の1つで、日本ではスーパー大麦として知られています。食物繊維が豊富で腹持ちが良く、腸内環境の改善にも役立つことから、美容への意識が高い若い女性を中心に注目を集めています。

これまでは一部スーパーでしか手に入れることができませんでしたが、その人気の高さから大手メーカーでも販売されるようになり、新しい美容食としてブームを起こしつつあります。しかしまだまだ品薄の状態が続いているため、入手が難しい食品と言えるでしょう。

バーリーマックスの特徴

バーリーマックスは大麦の一種ですが、普通の品種に比べて水溶性食物繊維が2倍、レジスタントスターチが4倍、またβグルカンの量も非常に多く含まれています。これらはそれぞれ大腸で消化される時間が異なり、3段階に分かれてサポートしてくれるといった特徴を持っています。

食物繊維が豊富という点においては日本でも古くから親しまれているモチ麦がありますが、バーリーマックスはモチ麦よりも遥かに多くの食物繊維を含みます。

グラノーラタイプでは無く、雑穀として混ぜてごはんで食べられるというのも大きな特徴で、朝はしっかりごはんを食べたいという人にとっても非常に重宝します。腹持ちが良く栄養バランスにも優れており、また甘みと香ばしさがあり食欲もそそる食品なので、美味しく食べられるというのも魅力です。

毎日お米を炊いているというのであれば、ただ白米に混ぜて炊けば良いだけですから、手軽に試すことができるでしょう。糖質を気にして白米を控えているという人でも、バーリーマックスを活用すれば我慢をせずしっかり食事を摂れるようになります。

バーリーマックスの食べ方

バーリーマックスは白米と一緒に炊くことでごはんとして食べられる他、これだけを茹でて食べることもできます。お好みの食べ方で楽しむことができますが、最も簡単なのはやはり白米と一緒に炊くという方法でしょう。

茹でて食べる場合には、スープに加えてリゾットにしたり、サラダのトッピングとして利用する方法があります。茹で起きしても大丈夫な食品なので、まとめて茹でて水を切り、タッパーに入れて保存するなどして必要な量を食べるようにしても良いでしょう。

ごはんとして食べるのであれば日常の食事をヘルシーにできますし、茹でてストックしておくのであればレシピに応じて様々な楽しみ方ができます。

バーリーマックスを使った料理

色々な食べ方を工夫することでより日常的に食べていけるようになりますから、バリエーションを増やして楽しんでいけるようにしましょう。いつも同じ食べ方だとどうしても飽きてしまうので、その時々の食事内容に合わせて工夫していくことが大切です。

白米と一緒に炊く

バーリーマックスを献立に取り入れていく場合、やはりおすすめなのは白米と一緒に炊くという方法です。お米と一緒に混ぜて炊くだけなので、調理の手間がぐっと省けます。

バーリーマックスごはんを主食にすれば毎回の食事でしっかり量を摂っていくことができますし、レシピに困るということもありません。基本的に手の込んだ調理をする食材では無いため、主食の中に上手く取り入れていけるようにするのがベストです。

スープに混ぜる

茹でてよく水をきったバーリーマックスを、スープに混ぜて食べるのもおすすめです。少しだけを具材として混ぜても良いですし、しっかり量を混ぜてリゾット風にして食べるのも良いでしょう。

野菜たっぷりのスープに加えればより多くのビタミン、食物繊維を摂ることができますし、水分も多く摂れるため腹持ちも良くなります。ヘルシーかつボリュームもありしっかりお腹に溜まるので、ダイエットにはより効果的です。

サラダのトッピングに

茹でて水を切ったバーリーマックスは、サラダのトッピングとしても美味しく利用することができます。いつものサラダに最後の一手間として上から振りかけるだけなので簡単ですし、どんなサラダとも相性が良いため応用が利きます。

バーリーマックスは食事の最初の一口目に食べることが大切なので、野菜を最初に食べることを心がける人においては、サラダにプラスするのはより都合が良いでしょう。

-健康

© 2021 Cupee Powered by AFFINGER5