暮らし

キャットフード『ドライタイプ』のメリデメ

キャットフードを大きく分けると「ドライフード」「ウェットフード」があります。キャットフードの中で一番多く販売されているのが「ドライタイプ」のものです。

値段もキャットフードの中では一番安い種類で、ほとんどの方がこのドライタイプのキャットフードを使っているんじゃないでしょうか?

では、ドライタイプのキャットフードにはどのような特徴やメリットがあるのでしょうか?そして、デメリットとなる注意点などはあるのでしょうか?

私たちの大切な愛猫が毎日食べるものなので、飼い主としてしっかり学ぶ必要があります。

ドライタイプのキャットフードの特徴とメリット

ドライタイプのキャットフードは、水分含有量が10%以下のキャットフードのことを言います。

水分が少なく乾燥しても問題ないため、開封後にしっかりと密閉管理する事で、数ヶ月にわたって長期的に保存することができます。

価格も作られているメーカーなどによって様々ですが、全体的に見ても低価格のものが多いです。そして、ドライタイプのキャットフードは水分自体が少ないので、他のタイプのキャットフードよりも栄養バランスに優れています。

カリカリとした食感で食べるのにしっかり噛まないといけないので、愛猫の顎(あご)を鍛えることができますし、歯石の除去までできます。さらに、ドライタイプのものは「噛み砕く」という習慣をつけてストレス解消することもできます。

ちなみに、子猫に与えるときは、お湯でふやかして柔らかくしたものを与えてあげてくださいね。

ここまでの内容見ていると「ドライフード最高!!!」と思いますよね。しかし、ドライフードのキャットフードにもデメリットはあります。

ドライタイプのキャットフードのデメリットと注意点は?

ドライフードのデメリットは、文字通り乾燥したカリカリした食品などで喉が渇きやすくなります。だから、猫ちゃんがドライフードを食べているときは、横に水を置いてあげてください。そうしないと喉がカラカラになって、血液中の濃度がどんどん濃くなっていきます。

猫ちゃんはもともと「腎臓病」にかかりやすい動物です。血液中の濃度が高まることによってその可能性が高まるので、ドライフードを食べるときはしっかり水を飲ませてあげましょう。

それと、あまり安い価格のものだと粗悪な原材料が使われていたり、危険な添加物が混ぜられていることがあります。「保存がきく」ということはそれだけ添加物が混ぜられている証拠です。

ドライタイプのキャットフードの中にも猫ちゃんの体に「安心・安全な無添加のもの」があります。

通常のものよりも多少高価になりますが、しっかり栄養も取れますし、おやつも食べなくなるのでコスパ的にはとても良くなります。猫ちゃんの体のことを考えてあげるならおすすめです^^

-暮らし

© 2021 Cupee Powered by AFFINGER5