生活

郵便創始75年記念切手の買取価格と価値

郵便創始75年記念切手は郵便事業が開始されてから75年を記念して1946年の12月12日に発行されました。

額面は15銭、30銭、50銭、1円の全部で4種類あります。現在も全種類額面以上の価値を誇り、価値が高いです。郵便創始75年記念切手にはさらに全4種類が一つになったシートタイプもあります。

それぞれの額面の買取相場や小型シートの価値や高く買い取ってもらえる方法を紹介します。

郵便創始75年記念切手の価値と価格、買取相場

郵便創始75年記念切手の額面15銭の価値が100円程度、額面30銭は160円程度で額面50銭が100円程度、額面1円の価値が200円程度です。どれも状態が良いとそれぞれプラス100円近くは価値が上がるでしょう。

また全種類バラでも持っていればさらに値段アップの可能性が高いです。状態が良いと2000円ほどにはなるでしょう。

郵便創始75年記念切手には額面それぞれ15銭、30銭、50銭、1円が1枚のシートになった「小型シート」というのがあります。小型シートの価値は単純に4枚のバラを揃えた切手と違って1枚で3000円~7000円ほどなります。

さらに小型シートには初版と2版があります。この初版は発行部数が3,000程度しかないとされ価値が2万円〜5万円の価値がついて非常に価値が高いです。

[hosoku]初版と2版の間に中間版という種類の小型シートもありますが、価値は初版と一緒くらいで現在は扱われています。中途半端な位置付けで初版として扱われることが多いようです。[/hosoku]

小型シートではなくバラでも、「初日カバー(FDC)」だと買取価格が上がる傾向にあります。初日カバーとは切手が発行された初日の消印が押された郵便物のことです。

郵便創始75年記念切手の場合、発行日は1946年の12月12日です。もし、初日カバーをお持ちならば、複数査定業者に依頼してみて下さい。初日カバーはお店によって買取においての基準にバラバラです。

切手の保管に注意が必要です。切手はそもそも紙なので、管理を怠るとすぐに汚れやシミがついて状態が悪くなり郵便創始75年記念切手は額面以上の価値がせっかくあるのにかかわらず価値が下がってしまいます。手間かもしれませんが、丁寧な大切に管理をしましょう。おすすめは切手専用のシートを購入して管理しましょう。

しかし、バラだと専用のシートが安いもので1,000円近くしますから、1000円以上の価値があるだけの切手がないのであれば、査定に出して買い取ってもらった方がお得です。

郵便創始75年記念切手について

郵便創始75年記念切手は1946年の12月12日の昭和に郵便局が事業を始めてから75年経ったことを記念して発行された切手です。

種類は全部4種類あり、15銭、30銭、50銭、1円とあります。図柄は15銭が駅鈴と菊花、30銭が前島蜜銅像、50銭が竜切手、1円が電波塔です。

郵便事業を開始記念に作られた記念切手は他にも「郵便創始50年」「郵便創業80年記念」「郵便創業百四十周年」があります。

郵便創始75年記念切手はコレクション用ではなく、実際に使用する目的で発行されたので、市場にある切手のほとんどが使用済みです。

しかし、発行された当時は第2次戦争を終えてから初めて発行された切手で、戦時中の切手は戦時中は印刷技術を制限されていたのもあってかなり高品質です。その為、使用済みでも価値が高くなっています。

-生活

© 2021 Cupee Powered by AFFINGER5