暮らし

現代貨幣の買取価格と相場

現在でも流通している現代貨幣は、額面通りの価値しかないと考えていませんか?確かに基本的には額面の価値しか持ちませんが、中には額面以上の価値がある貨幣というのも存在し、それは案外身近にあるかもしれません。

また現行貨幣であっても、現在はほぼ流通しておらず見たことのない貨幣というのもあるでしょう。今回は現代貨幣の買取価格はどのくらいなのか、それぞれ種類ごとに鑑定価値や平均相場をまとめてみたので、参考にしてみましょう。

①【500円硬貨】鑑定価値と買取相場価格

500円硬貨は平成12年から発行されている新貨幣と、昭和57年から平成11年まで発行された旧貨幣の2種類です。この新貨幣と旧貨幣に関しては、エラー硬貨など特殊な場合を除き、鑑定価値としては額面の500円です。

エラー硬貨以外でも、昭和62年の500円硬貨に関しては発行枚数が少なかったため、額面以上の金額で買い取って貰える可能性もあります。また500円硬貨には20種類の記念硬貨もあり、そちらも額面以上の値がつくことが期待できます。

②【100円硬貨】鑑定価値と買取相場価格

100円の現行貨幣は3種類あり、それぞれ特徴と価値としては以下になります。また記念硬貨は10種類以上発行されており、そちらの場合ですと100円から1000円未満での買取が平均相場となっています。

  • 昭和32年と33年発行の鳳凰100円銀貨は、並品なら額面通りだが美品や未使用品だと150円から500円の鑑定価値
  • 昭和34年から41年まで発行された稲100円銀貨は、未使用であれば800円前後の鑑定価値
  • 現在も発行されている桜100円白銅貨は、昭和48年以前の未使用品なら200円程度の価値がつくケースもある

③【50円硬貨】鑑定価値と買取相場価格

これまで発行された50円硬貨は全部で3種類あり、昭和30年から33年にかけて発行されたものは現在のものと違い穴がありません。

この穴なし50円は未使用品であれば額面以上の価値が期待でき、1000円から2000円が相場です。現在発行されている一つ前の菊50円は基本的には額面通りの価値です。

しかし昭和35年の菊50円ニッケル貨だけは評価が高く、美品であれば200円から300円程度、未使用の場合は2000円以上の値がつく可能性があります。

④【10円硬貨】鑑定価値と買取相場価格

10円硬貨は明治時代に発行された2種類の金貨と、現行貨幣の白銅貨2種類の計4種類が存在します。

それぞれ特徴は以下のようになっていますが、金貨に関しては価値が非常に高く、特に旧タイプのものはプレミアがつきます。

  • 旧10円金貨は明治4年から13年にかけて発行され、ものによっては1000万円を超えることもある
  • 新10円金貨は表面中央に十圓と額面が記されており、明治43年のものは価値が高い
  • 昭和25年から33年にかけて発行された白銅貨は現行貨幣で、渕にギザがついている
  • 現在発行の10円玉の価値は基本的に額面通りだが、初期の未使用品であれば数千円で取引されることもある

⑤【5円硬貨】鑑定価値と買取相場価格

これまでに発行された5円硬貨は全部で以下の6種類あり、金貨と黄銅貨に分かれます。特に金貨の方はプレミア価格がつき、並品でも数万円、年代によっては数百万円の鑑定価値になることもあります。

  • 旧5円金貨
  • 旧5円金貨(縮小)
  • 新5円金貨
  • 穴なし5円黄銅貨
  • 楷書体5円黄銅貨
  • ゴシック5円黄銅貨

また金貨の後に発行された5円玉は穴があいておらず、発行が2年間だけと希少性が高いです。しかし買取相場としては他の黄銅貨と同様、未使用品や特別なものを除いては額面の5円にとどまります。

⑥【1円硬貨】鑑定価値と買取相場価格

1円硬貨は現在までに10種類と多く発行されており、内訳としては金貨が2種類で銀貨が6種類、黄銅貨が1種類と現在流通しているニッケル貨です。この中で価値が高いのは縮小版の金貨で、明治9年以降のものはプレミアがつきます。

しかし縮小版の金貨以外であっても、発行年度と状態によっては高価買取が期待できる場合があります。珍しい発行年度のものですと数百万円の価値が付きますので、しっかりと価値の分かる査定員にみてもらいましょう。

現代貨幣の中で特に希少価値が高い硬貨の特徴

現代貨幣は基本的には額面の価値しかありませんが、一部希少性の高い硬貨も存在し、その場合には額面以上の金額がつくケースもあります。その一つがギザ10と呼ばれる、周りがギザギザの縁取りされている10円硬貨です。

ギザ10は7年間しか発行されておらず期間が短かったこともあり、特に珍しい発行年度の未使用品は数万円で取引されることもあります。

例えば以下のようなエラーがありますが、エラーの具合が大きければ大きいほどその価値は高くなります。もう一つ価値の高い硬貨としては、発行枚数の少なかった昭和62年の旧500円硬貨も額面以上で取引されやすいです。

  • 穴ずれ
  • 穴なし

まとめ

現代貨幣の中には現在も発行が続いているものもあれば、かつて発行されていたものもあり、種類は実にさまざまです。同じ額面の硬貨であっても価値は同一ではなく、状態や発行年度によってレア度が変わってきます。

発行年度が少ないものや、珍しいデザインのものなどは希少価値が高まりやすいです。現代貨幣であっても額面以上の価値を持つことがあるため、しっかりと探してみるとお宝貨幣が見つかるかもしれません。

-暮らし

© 2021 Cupee Powered by AFFINGER5