生活

古銭や古紙幣を銀行交換・両替するのは注意

古銭や古紙幣が家にあった場合には、どうするのが正解なのかについて考えてみましょう。一般的には買取をするのが良いのですが、お金であることには変わりはありません。

そのため銀行に古銭や古紙幣を持っていくと、両替や現行紙幣に交換して貰うこともできるのです。ですがこの方法はおすすめできません。

何故なら希少価値があり、プレミア価格がつくものもあるためです。だからこそ専門の買取業者を利用すべきなのですが、詳しくその点を検証していきましょう。

【NG】古銭や古紙幣を銀行両替・交換はおすすめしない

古銭や古紙幣と言うと、江戸時代や明治時代に使われていたお金というイメージを持つ人も多いでしょう。ですが実は明確な定義はなく、デザイン変更される前の紙幣もまた含まれています。

現在の1万円は福沢諭吉ですが、その前は聖徳太子が描かれていました。この聖徳太子の描かれた紙幣も古紙幣の1つです。

こうした旧紙幣の中でも新しいものは、価値がないと思って銀行で両替や交換をする人も少なくありませんが、実はデメリット部分も少なくありません。中には価値がつくものがあると既にお伝えしましたが、他にも幾つかあります。

  • 原則として額面以上にはならない
  • 破損していると減額されることもある
  • 枚数に応じて手数料がかかる場合がある
  • 古いお金は銀行で交換や両替できないことがある

といったデメリットがあるので、両替はおすすめできません。

《注意》両替・交換する枚数や金額によって損する可能性大

前段で触れましたが古銭や古紙幣を両替、交換すると金額や枚数によっては損をする可能性があります。それは破損している場合は、減額の可能性がある点や、銀行によっては手数料がかかるといったことがあるからです。

ただし銀行の両替や交換にかかる手数料は、各行によって異なります。

  • 口座を所有していると、両替手数料は無料になるケース
  • 口座を所有していなくても、少量なら無料になるケース
  • 口座を所有していないと、1枚から有料になるケース

などのようなパターンがあります。また古銭や古紙幣ではなく、記念硬貨の場合は、両替無料とする場合もあるそうです。

一部の古銭や古紙幣は銀行で交換・両替できない

一部の古銭や古紙幣は、銀行では交換や両替ができません。その理由としては現行の貨幣では対応できない額面であるためです。

例えば明治期から昭和初期までは、円の下に銭という単位がありました。米ドルでいうセントのようなものです。この銭は現行の貨幣では対応していない単位になります。

そのため銀行でも両替や交換ができません。基本的に現行の貨幣で対応できる額面のものしか対応していないのです。以下に一覧を挙げておきます。

  • 1982年以降の500円
  • 1958年以降の1万円券
  • 1957年以降の5000円券
  • 1957年以降の100円
  • 1955年以降の50円
  • 1953年以降の10円
  • 1951年以降の50円券
  • 1951年以降の500円券
  • 1950年以降の1000円券
  • 1948年以降の5円
  • 1946年以降の100円券
  • 1946年以降の10円券
  • 1946年以降の5円券
  • 1889年以降の1円券

以上です。

-生活

© 2021 Cupee Powered by AFFINGER5