生活

【年齢別】ドッグフードを与える量・回数・タイミング

愛犬にとってどのようなタイミングで、与えるのが良いのか分析するのは重要です。また一日にどれくらいの分量を上げたら良いのか、何回餌をあげるべきかも知っておきましょう。

規則正しい時間で餌を食べさせるメリットや、デメリットについても解説していきます。年齢ごとに餌をあげる量なども調整すべきですが、どのようにしたら良いのかも調べてみました。

与えるタイミングはいつ?

ドッグフードを与えるタイミングは、いつにしたら良いのでしょうか。タイミングを決めるのは、犬の年齢によります。もしまだ生まれて間もないのであれば、少ない量を何回も与えなければなりません。

大体、朝昼晩と三回に分けてあげていきます。ただ食欲や消化は個体差があるので、一回の量が少ない場合は、もう少し量を増やして下さい。お腹が空いてそうなタイミングを、見極めるのがベストです。

成犬になったら、一日の早い時間帯と遅い時間帯が良いでしょう。散歩をしてきた後や、公園で思い切り走った後が良いです。カロリー消費をした後は食欲がありますし体もドッグフードを欲しているからです。

1日に与える量はどれくらい?

一日にどれくらいのドッグフードの量を与えるかは、下記の要素を考える必要があります。

  • ドッグフードの参考値
  • 愛犬の体重
  • 愛犬の体型

ドッグフードによって推奨されている量は違ってきます。あるドッグフードは少なくても高カロリーであったり、たくさん食べてもカロリーが多くなかったりします。

まずは購入したドッグフードが、どれくらいの量を参考値として書いているかをチェックして下さい。

愛犬の体重や体型を考えるのも、大切なポイントです。若い犬であれば一日に必要な餌の量は多いですし、老犬であればそこまで多くはありません。愛犬の状況をよく考えて、量を決めて下さいね。

1日に与える回数はどれくらい?

餌を与える回数は、犬の年齢によって変わります。次の段階で年齢を考えて下さい。

  • 子犬
  • 成犬
  • 高齢犬

子犬の間は消化器官が未成熟なため、一回に沢山の量を食べられません。少ない量を何回も食べて、一日に必要な餌の量を食べきることが可能です。

子犬の場合は、一日に三回あげるようにして下さい。一回に食べる量が極端に少ないときには、回数を増やすこともできます。

成犬の場合は、一日に2回ほどドッグフードをあげると良いでしょう。これまでは回数を増やした方が一回に食べる量が少ないので消化しやすく、消化器官に負担を掛けないと言われていました。

年齢別にまとめ

ドッグフードの与え方を考えるときに、年齢を考慮するのは重要であることが、これまでの記事で分かったのではないでしょうか。年齢が変わっていくと、犬が必要とする餌の量が違ってきます。

食べる回数も、変化させていかなくてはなりません。最後に愛犬の年齢別に、どのようなドッグフードの上げ方をするのが良いのか考えてみましょう。

覚えておきたい情報をまとめましたので参考にして下さい。子犬と成犬、そして老犬の場合のドッグフードのあげ方を調べてみました。

子犬の場合

回数は、3回くらいに分けてあげられると良いでしょう。小型犬の子犬であればさらに消化器官が弱いので、4回に分けても良いと言えます。

犬の場合は成長が早いですから、体がしっかりとしてきたのであれば、段々と餌の量を増やしても良いでしょう。

成犬の場合

成犬にドッグフードを上げるときには、胃腸の強さを考えてください。胃腸が強い愛犬なら一回に沢山の量を食べられますから、一日一回の餌やりでも問題ありません。

神経質で胃腸があまり強くないときには、一日二回くらいが適当です。早く食事をする癖のある犬の場合は、胃に良くないので気を付けてください。あまり早食いしすぎると、糖尿病になるリスクがあります。

一匹だけで買っているときには問題ありませんが、二匹とかそれ以上の犬を飼っているときには、犬たちが競い合って早く食べる傾向があります。

老犬の場合

老犬も子犬と同じように、お腹があまり強くありません。1回にあげる餌の量は、少ないほうが良いでしょう。

ドッグフードをふやかしておいてあげるのも、年取った胃腸にはやさしいです。年を取ると食べる意欲も減ってきます。

ドライフードをそのままあげると、喉につっかえやすくなることや、むせることがありますから注意してくださいね。

-生活

© 2021 Cupee Powered by AFFINGER5