暮らし

中国の毛主席像切手の買取価格と価値

毛主席像切手は中国共産党の設立46周年記念で発行された中国切手です。図柄には中国共産党を創立した中の1人である毛沢東の像が描かれています。

中国切手の相場は年々下がっており、さらに切手買取専門店でによってはピーク時の半値程度でしか買い取れないお店もあります。

しかし、状態や持っている種類によっては買取価格も数万円近くの価値がつくこともあります。そんな毛主席像切手の相場や高額で売る方法を紹介します。

毛主席像切手の価値と価格、買取相場

毛主席像切手は全部で5種類あり、それぞれバラの状態がよければ、数千円の価値があります。またこの5種類をすべてが揃っていると20,000円から50,000円の価値がつきます。

5種類持っていたら1つでもあやまって無くしてしまうと大きく価値が下がりますので、決して無くさないように保管しておきましょう。

また、色褪せや日焼けでせっかくバラでも数千円の価格があるのに劣化して下落するなんてことはよくあります。切手専用のケースに入れるなどして、丁寧な保管をこころがけましょう。

35分、43分、52分の毛主席像切手の価値が他の額面の切手より高い理由ですが、この中でもは発行された期間が非常に短くほとんどといっていいほど世に出回っていないため、他の毛主席像切手より一段価値が高くなっています。

中国切手は希少価値が高いですが、毛主席像切手は毛沢東が政治を行っていた時代(プロレタリア文化大革命時代)の中国切手で、現在でも残っている数が非常に少なく、かなりの希少価値があります。

しかし、現在はだんだん中国切手の価値も下がっていますので、一度査定してみると良いと思います。

毛主席像切手のレプリカが多く出回っている

毛主席像切手は残っている数が少なく、レプリカが多く出回っています。この毛主席像切手のレプリカが本物と区別がつきにくいくらい精密に作られています。そのため、ちゃんとした実績のある切手買取業者に一度本物かレプリカを調べてもらうのが良いでしょう。

毛主席像(もうたくとうぞう)切手について

毛主席像切手は1967年に発行されました。中国共産党が設立されてから46年経ったことを記念に発行された中国切手です。

図柄はその中国共産党の設立者の1人である毛沢東です。額面が4分、8分、35分、43分、52分の5つ種類があり、全ての図柄が毛沢東になります。違いは色のみで、構図も全く一緒です。

毛主席像切手が発行されたプロレタリア文化大革命時代の中国は切手収集が禁止されており、古い切手は処分されていました。そのため当時発行された中国切手の残りは少なく今なお高い価値がついています。

これだけ希少価値が少ないものですから、毛主席像切手の多くのレプリカが出回っています。切手は紙なので、加工がしやすく偽物が多いうえに、毛主席像切手の偽物は本物に非常によく似て作られています。

-暮らし

© 2021 Cupee Powered by AFFINGER5