生活

市川蝦蔵(えび蔵)切手の価値や買取価格

市川蝦蔵(えび蔵)切手は1956年11月1日に切手趣味週間より発行された10円切手です。

市川蝦蔵(えび蔵)切手は東洲斎写楽が浮世絵・四代目市川海老蔵が演じるところを描かれています。

また、ビードロを吹く娘や見返り美人、月に雁などと並びプレミア切手の一つです。

そこで、市川蝦蔵(えび蔵)切手の買取相場や高く売る方法を紹介していきます。

えび蔵切手の価値と価格、買取相場

市川蝦蔵(えび蔵)切手はプレミア切手で切手マニアの中では有名ですが、高い価格ではありません。なぜなら、プレミア切手の中でも発行部数が多いからです。

シートのタイプだと買取価格は状態にもよりますが、5000円近い額の可能性が高いです。

切手の買取おいては状態がとにかく良いか悪いか大きく査定に響いてきます。査定する側も慎重になって取り扱うほどです。

保管の方法も難しく、年々切手の状態が変わっていきますので、お持ちの切手の価格を調べるためにも一度査定をしてもらうと良いです。

バイセルなら査定が無料です。査定だけでその場で売らなくても問題はありませんから、バイセルで査定すると良いでしょう。

バイセルでお持ちの切手を査定してみる

「見本・みほん」と「FDC(初日カバー)」の市川蝦蔵(えび蔵)切手価値について

「見本・みほん」は郵便局が発行した心眼を見分けるために印刷された切手です。高く売れる可能性が非常高いです。

「FDC(初日カバー)」は郵便切手の発行日当日の消印が押された封筒類のことです。こちらも非常にレアなので、切手を決して剥がさず、査定に出しましょう。

市川蝦蔵(えび蔵)切手について

市川蝦蔵(えび蔵)切手は様々な呼ばれ方をしますが、正式名称は市川えび蔵切手です。発行部数は550万は前年に発行された「ビードロを吹く娘と同じ枚数」です。

市川蝦蔵(えび蔵)切手の絵柄は浮世絵・四代目市川海老蔵が演じるところの竹村定之進が図案になっています。絵柄を描いた東洲斎写楽は有名な浮世絵師で蝦蔵(えび蔵)は彼の代表的な作品です。

蝦蔵(えび蔵)切手が発行された当時は非常に評判が高いものでした。えび蔵切手以外にも「ビードロを吹く娘」や「見返り美人」などの女性の有名浮世絵の切手が非常に評判がよく、男性の浮世絵のえび蔵切手もそれに伴うような形で人気を博しました。

えび蔵切手大型の切手でもあります。48mm×33mmと現在発行されている普通切手(50円、80円共に)のサイズが22.5mm×18.0mmですから、ほぼ倍あることがわかります。

えび蔵切手を買取ができる方法3つ

えび蔵切手を買取ができる主な3つの方法を紹介します。

切手買取鑑定店に持ち込み査定してもらう

切手の買取をしてる店舗なら専門店以外に金券ショップや一部のブランド買取店でしょう。

こういった店舗での査定はお店によって価格が様々です。なぜかと言いますと買取店によって査定基準が違うからです。

高額査定をするなら複数店舗で査定してもらうことが絶対です。1店舗目で高い査定が出たからといってそのままで売ってはいけません。次の店舗の方がさらに高い査定が出るなんてことはザラにあります。

ヤフオクやメルカリなどに出品する

ヤフオクやメルカリのようなオークションサイトで高い価値がつくことはほぼないと思ってもらってよいでしょう。オークションサイトで切手を購入するのは転売目的の人が多いのです。転売目的の人は切手査定の素人同然で、できるだけ安く購入しようとしますから、必然的にどうしても安くなります。

別に高額で売却を考えてなく、とにかく手っ取り早く処分したい人には良いでしょう。

ただし、オークションサイトは手数料がかかりますので、状態の微妙なえび蔵切手なら、かえって赤字になる可能性が非常高いです。

ネットの切手買取サービスで査定する

ネットの切手買取サービスは「バイセル」「福ちゃん」「買取プレミアム」が有名です。

これらのサービスは

  • 手数料無料
  • 査定料無料
  • キャンセル料無料
  • 出張、宅配、店舗買取ができる
  • 切手鑑定のプロが査定

といった特徴があります。ホームページから申込フォームか電話で申込みと非常カンタンでオススメです。

高額で売るには複数の業者に見積もりを取るのが大事です。手軽に行えるサービスを利用するに越したことはないでしょう。

-生活

© 2021 Cupee Powered by AFFINGER5